一人暮らしにもオススメ!今話題の可愛いペット

生き物が大好きでペットを飼いたいけれど、アパートで犬や猫のは飼えないという方や、旅行の予定や出張が多い方は心配で買う事をためらう方は沢山いると思います。

それに、ペットを飼うということは、餌代やペット用品、体調が悪くなれば病院に連れていかなければならず、お金も意外とかかってしまいます。
金銭的に余裕はないけれど、自分だけの可愛いペットを大切に育てたい方にオススメなのが最近人気の「ベタ」です。

ベタとは

熱帯魚の一種で、ペットショップやホームセンターで売られています。
店頭に小瓶に入った色鮮やかな魚を見た事がありませんか?
そうです。あの魚がベタです。

熱帯魚は管理が難しいと言われていますが、ベタは水面から空気中の酸素を吸うことが出来る特集魚なので、飼育は比較的簡単で、初心者でも飼育が簡単な魚です。

しかしベタは、闘争心が非常に強く、オス同士を同じ水槽に入れると攻撃をしてしまうので、他の魚とは隔離して、水槽の中には一匹ずつ飼育することをオススメします。

ベタの種類

ベタは色の鮮やかさ、形が美しく学校生きたインテリア」とも呼ばれています。
鮮やかな青、深みのある赤、赤と青が混ざり合ったもの、白など、色だけでも本当に沢山の種類があり、個体によっても発色が微妙に違います。

形もシンプルでスタイリッシュなものから尾ひれが華やかに開きゴージャスなものまであり、自分好みのベタを見つけるところから楽しみが始まります。

トラディショナルベタ

ベタの定番で価格は1番安く、安いものでは300円代?販売されています。ベタの中では1番体が丈夫で初心者でも飼育が易しい品種です。

クラウンテール

王冠の様にギザギザとした長い尾をもち、その美しさを競うショーもある程です。

ハーフムーンテール

大きな尾ひれで、半円形に尾が開きます。とても美しく華やかな品種です。

スーパーデルタ

ハーフムーン同様、尾ひれが開き、その角度が120°?180°まで開くものを分類します。

その他の、ワイルドベタ、恋ベタ、フラカット、ダブルテールなど沢山の品種が存在しますが、いずれも鮮やかなで華やかなボディーをしていて、優雅に泳ぐその姿はまさに「生きたインテリア」と称されるのも頷けます。

ベタの飼育方法

店頭でよく見かけるビンでの飼育ですが、あれは上級者向けでベタに負担をかけてしまうことがあるので、小さな水槽での飼育が勧められます。
餌やりは、一日2、3回、5粒程度で良いので餌代も負担にはなりません。
定期的に水換えを行い、水温は25°?28°に保ちましょう。

強くて美しく、少しミステリアスな魚、ベタは見ているだけで癒される素敵なペットです。


Writing ココ
音楽、スポーツ、動物と多趣味で楽しい毎日です。

※ベタの種類と写真が違う場合があります。
ご指摘いただければ変更しますが、画像が用意出来ない場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。