毎日飽きない私の家族

私は産まれた時から一緒に動物達と育ってきました。
その殆どは野良だったり、愛護団体から引き取った犬や猫、たまには実験台になるところだったモルモットや鶏とも生活していました。

私にとって動物はかけがえのない家族で、素晴らしい人生にしてくれる存在その物です。

新入りの家族

今日は14人いる内の最近家族になった新入りとの出会いから紹介したいと思います。
今年の5月の事でした、その日は不思議と絶対歩かない道を歩いて帰宅していました。

深夜の事でした、大通りの歩道の横の茂みから子猫の鳴き声が聞こえてきました、私には「助けてー!」と聞こえました。

絶対に何が何でも見つけてやると思い探しました、するとまだへその緒がついて夜露に濡れた子猫二匹を見付け出しました。

二匹の子猫

朝獣医さんが開くのとともに、その子達を連れて行きました。
生後2日程だったらしいです。

強く育って欲しいと願いを込めてミントとオリーブと名付けました。
二匹とも優しい色の三毛猫です。

残念ながらオリーブは人間が目を離した一瞬の隙に他の雄猫に殺されててしまいました。オリーブがいた証とお墓にオリーブの木を買って来て植えました、今もそこでオリーブは眠っています。

ミントを育てる

オリーブが死んでしまったからといって悲しんでいる暇はありません、残ったミントを育てるのに一生懸命でした。

子猫を育てるのは本当に大変です毎日3~4時間おきに、ミルクをあげ、排出させ、一匹では体温調整が出来ないので湯タンポをかえての繰り返しでした。

他の先輩猫は、初めあまりミントを受け入れてくれませんでしたが、愛犬バニラは受け入れ排出の時なめてオシッコを出すのを手伝ってくれたりしていました。

何度か獣医さんのお世話になりましたが、順調にスクスク育ってくれて今では超お転婆娘に成長、みんなで可愛がっています。
たまに他の先輩猫からしつけでしょうか、よく怒られたりなんかしていますが今ではみんなミントを受け入れて添い寝したりしています。

よかった

本当に毎秒毎分毎日が成長で見てて飽きません。
ミントが目の開かない内から育ててこれて本当によかったと思っている毎日です。

強運と凄い生命力のミントちゃんこの子も他の子同様神様からの贈り物として我が家にやってきたと思いこれからもずっと愛し続けて、共に成長していこうと思います。


ライター 久美子
私の家族は猫が10匹、犬が一匹、亀二匹、人間が四人の14人家族、一つ屋根の下で暮らしています。
きっと他の人が我が家に来たら獣の匂いと散らかり様にビックリされると思います。
ボロボロの家にボロボロの家具、自慢できるような家ではないですが、素晴らしい家族と同居しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。