自由奔放なうさぎの行動の意味

うさぎは自由奔放に駆け回るのでとっても可愛い小動物です。見ていてとても癒されますよね。
そんなうさぎの行動もくるくる回るメリーゴーランドのように忙しく多様性があります。

うさぎの仕草 走り方のいろいろ

うさぎの飼育本には、ドリフト走行、横っとびなど、うさぎの走り方の特徴が記載されていることでしょう。うさぎは状況に応じてストレスを発散したり、縄張りをグルグル走り周りパトロールをしたりしています。

かなりの運動量が必要になってくるうさぎのドリフト走行、斜め走行などいろいろなパターンが見られて興味深いものです。

他にも、怒りや恐れを示したときには、足を地面に叩きつけて、ウーと声を出しながらウー、足をダンダンと、地団駄を踏み込む習性もあります。

観察してみよう

よく観察してみてほしい、うさぎの個性別に見られる動き 。

うさぎにはもちろん個体別に個性があります。例えばとっても人懐っこくてお茶目なうさぎの場合、飼い主の前にジャンプで姿を現すこともあります。

その仕草はまるで、「遊ぼうよ」と誘っているかのようにも見えて可愛らしいものです。また、飼い主の後追いが好きなうさぎならば、トコトコトコトコと小さな足音をリズミカルに立てて廊下まで後追いしたり、という母性をくすぐられる行動も見られます。

ご飯を食べてからひーたに戻ってくるときの足音、ケージから出てくるときのジャンプ、ベットの上でトランポリンのように跳ねて遊ぶ仕草など、お茶目なうさぎの姿は見ていてとって和みます。

かまってちゃん

ときには飼い主に構われたくて、イリュージョンのように体当たりしてくる子もいます。うさぎの行動特性は個性によっても多様性が見られるということのようです。

よく観察していると、とってもデリケートでお茶目なうさぎさんということがわかります。

自分の家のうさぎを改めて観察してみてはいかがでしょう。


うさぎが大好きなラビットです。
今まで暮らしてきたうさぎは全部で10羽。うさぎの生態を飼い主の視点で観察する眼力には自信があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。